教会案内

東京都世田谷区にあるカトリック松原教会は、1953年に淳心会が現在と同じ場所に上京する会員の宿泊地と布教の拠点として旧家を購入、修道院に造り変えたチャペルへ通う近隣の信徒の集会所として誕生しました。世田谷小教区の巡回教会の形がとられていましたが、1965年に聖堂(聖堂名: 聖母の汚れなきみ心)、教会施設と司祭住宅と同時に隣のオリエンス研究所が新築され、それに伴い、東京大司教区によってカトリック松原小教区として正式に設立されました。当初はわずかな人数から始まりましたが、現在では1270人を超える信徒が集う教会となっています。

淳心会とは

母体である淳心会(ラテン語に由来するC.I.C.M.=マリアの汚れなきみ心会)は、1862年にベルギー人司祭テオフィル・ヴェルビスト神父によってベルギーの首都ブリュッセル郊外のスクート地域で創立された宣教師の修道会です。

日本においては1948年よりベルギー人神父及びオランダ人神父によって宣教活動が始まり、現在ではコンゴ共和国、インドネシア、フィリピン出身の神父も含め大阪、東京、広島、仙台の各地の教区にて45名の会員が福音宣教活動をしております。

 


主任司祭 ウィフリデュス ガッラ神父<ウィル神父>(淳心会)

1983年インドネシア生まれ、2011年、神学生として来日する。日本での3年間のインターンシップ(2年間日本語勉強、1年間司牧実習)、2014年、インドネシアで司祭叙階を受ける。2014年に広島教区倉敷ブロック(倉敷、水島、玉島)共同宣教司牧を務め、2015から2017年まで広島教区岡山教会の助任司祭として働き、2017から2019年まで仙台教区第三地区チーム(四ツ家、志家、上堂、宮古、釜石、花巻、北上)に派遣されて、2019年から2021年まで大阪教区姫路中ブロック(姫路、作用、生野、豊岡)協力司祭として務め、2021から2022年まで大阪教区姫路教会と作用教会主任司祭、豊岡教会の管理者として務めました。2022年から東京教区松原教会主任司祭として務め始めた。


助任司祭 ガル・アルジャンタ・ブブン神父(淳心会)

1987年インドネシア生まれ。2002年に小神学校に入学、2006年に淳心会へ入会し、その後2011年に神学校を卒業。2012年フィリピンにて大神学院へ進学し、2015年に卒業後、神学生として来日する。2018年、大阪教区聖ミカエル岸和田教会で助祭叙階を受け、2019年、インドネシアにて司祭叙階を受ける。2019年から2020年にかけて大阪教区聖母マリア汚れなき・加古川教会助任司祭を務め、2020年10月1日から東京教区松原教会助任司祭を務め始めた。

「これから皆さんとご一緒に歩ませて頂き、神様に感謝しております。この美しい世に神様の証人になることができきるように心を込めてご一緒に歩んでいきましょう。」


住所

〒156-0043
東京都世田谷区松原2-28-5
TEL.
03-3321-0941
FAX.
03-3321-0009

アクセス
京王線・井の頭線「明大前」
駅下車 徒歩4分