主日福音メッセージ

復活節第4主日

ヨハネ10:11−18

今日の福音は、良い羊飼いのイメージに私たちを導く。イエスは私たちに直接語りかけておられる。この方は神であり、私のために喜んで命を捧げてくださる方です。今日でさえ、キリスト者の多くは、自分のために喜んで死んでくれる人がいるとは信じがたいと感じている!しかし、私たちの信仰の中心には、イエスの言葉がある: 「わたしは良い羊飼いである。イエスはご自分の羊を探し、はぐれた者たちを探し、私たちを名前で呼び、ご自分とともにいるように、そしてご自分に従うように招いてくださる。

これらの朗読とこのキリスト教的体験はすべて個人的なものであり、復活の主イエスにおいて私たちを愛してくださる神に応答するよう私たちを招いているのです。今日、私たちはもう一度、主に身を委ねることができます。たとえそれが私たちにとって小さく、ほとんど存在しないように見えても、私たちは自分の信仰を語るように招かれているのです。私たちは次のような言葉を口にすることができる: 主よ、あなたの声を聞きたいです!主よ、私はあなたの声を聞きたいのです!主よ、私はあなたに従いたいと思います。主よ、私はあなたを信じます!私を救えるのはあなただけです!主よ、私を癒してください。あなたの御顔を知れば、私は救われます。

復活節のこの時、主に感謝し、絶えず私たちを求め、再び神のいのちとともに生きるよう招いてくださる神の忠実な愛を再び喜ぼう。

Fr ウィル


復活節第3主日

ルカ24:35−48

今日の朗読の喜びは、自分が罪人であり、赦しと償いを必要としていることを知っている人のためにある。改心しつつある罪人は、こう言うことができるはずです: 私は自分を罪人だと思いたい!私は、イエス・キリストがこう言ってくださる愛の臨在を知りたいのです: あなたの罪を許します!自分の人生が好転し、自分のことではなく神に集中するようになるために、改心を知りたいのです。自分の罪を心から詫びたい。そして同時に、神への信頼を感じ、神の愛ゆえに自分の人生への自信を感じたい。人生のあらゆる面で、神のために選択できるようになりたい。

これが私たちの救いです!神の愛と赦しに対するこの内なる自覚を、人生において可能にしてくださるのはイエス・キリストです。イエス・キリストこそが、私たち人間を、愛のうちに自らを他者に捧げることのできる存在にしてくださるのです。

福音書に登場する弟子たちのように、私たちは主に出会うことができる。彼らのように、主は亡霊ではなく、今日私たちの生活の中に存在する生きた存在であると確信することができる。聖書の中の主の言葉に耳を傾け、主の行動と生涯を深く黙想することによって、私たちは、神がイエスのうちにどのように現存し、神が私たちのうちにどのように現存しておられるかを知ることができる。私たちは、この偉大な救いの日を主に感謝することができる。イエスは死からよみがえり、私たちにいのちの可能性を与えてくださるので、私たちはイエスの苦しみと死を喜ぶことを学びます。私たちもイエスとともによみがえり、私たちの日々の世界に神のいのちの栄光が働くのを見ることができるように、私たち自身の苦しみと日々の死を喜ぶ方法を学ぶのです。

復活のこの時期は、罪に対する認識を新たにし、救いの望みを新たにする時です。私たちは、聖なる和解の秘跡の中でもう一度自分の罪を告白することを学び、人間的にも神的にもより生かされるようになるのです。罪の赦しに感謝し、私たちを神から引き離すすべてのものに喜びをもって悔い改めましょう。

Fr ウィル


復活節第2主日

ヨハネ20:19−31

今日の福音で、イエスは弟子たちに平和の贈り物を持って挨拶される。イエスが神から遣わされたように、イエスも弟子たちを遣わす。イエスが神から遣わされたように、イエスも弟子たちを遣わすのである。イエスが弟子たちに聖霊の賜物を与えるのは、彼らがこの仕事を成し遂げることができるようにするためである。弟子たちに対するイエスの言葉もまた、罪の赦しと聖霊の賜物との間に不可欠なつながりがあることを強調している。聖霊の恵みによって、私たちは赦しと和解を他者と分かち合うことができるのです。

今日の朗読に登場する疑い深い弟子トマスは、イエスの証人であるこの最初の共同体の後に来る教会の現実を象徴しています。イエスの最初の弟子たち以外は、見ることなく信じなければならない。トマスのように、十字架につけられ葬られたイエスが弟子たちに現れたという知らせを疑うかもしれない。私たちの人間の本性は、死後に弟子たちに現れたイエスが、本当に十字架につけられたイエスと同じであるという確かな証拠を求める。トマスには、この証拠を得るための私たちの代理人となる機会が与えられている。彼は、よみがえられたイエスが、死んだイエスと同じであることを私たちに証しするのです。聖霊の賜物によって、私たちは祝福された者たちの仲間です。

Fr ウィル


復活の主日

ヨハネ20:1−9

今日の福音は、イエスが復活したとき、葬られた麻布を墓に残したと伝えている。つまり、イエスはいかなる「この世的」なものにもしがみつかず、それらに引っ張られることも許されなかったのである。そこで、私たちはこの復活祭に2つの質問をする必要がある。一つ目は 私はキリストとともに復活したのか?第二の質問は、この復活祭に「自分の墓」に何を残したか?もし私たちがキリストのように復活しなければならないのであれば、同じように、私たちが強く、狂おしいほど執着している不必要な俗世のものすべてから自分を切り離す覚悟をしなければならない。イエスは、人が立ち上がるためには何かを捨てなければならないという自然法則を理解し、それに従われた。もし私たちがこれを怠れば、イエス自身が理解し、従った重力の法則が私たちに勝つかもしれない。

したがって、復活祭の核となるメッセージは、今日、キリストと同じように、私たちも墓の中で私たちを押さえつけていたすべての障害を乗り越えてよみがえったということである。それは、死と墓が神の救いの計画の一部であったとしても、それらが永遠に続くことはないというメッセージである(詩篇30、5)。それは、神がその約束に忠実であり、あらゆる危険な状況から私たちを救い出してくださるという祝福された保証である。それはまた、栄光の日が必ず来るという保証でもある。今日はまさに、「主が造られた日である」。アレルヤ、アレルヤ!

Fr ウィル


主の受難の主日

マルコ14:1−15:47

毎年復活祭の前の日曜日に、世界中のキリスト教徒は、伝統的に「主の受難」と呼ばれる、私たちの主であり救い主であるイエス・キリスト苦しい、十字架につけられて、死に至るまでの出来事を語り継ぐ祭日を祝い、記念しております。

聖週間は、次の日曜日に主の復活を祝うことで頂点に達する、典礼年の最高潮である。キリスト教暦の中で最も忙しい週であると同時に、最も豊かな週でもあると考えられています。主の受難の日曜日のミサは、イエスのエルサレム凱旋の再現から始まる。福音書からこの出来事の再現を聞いた後、誰もが祝福された枝を持って教会に入り、私たちを救ってくださる主を賛美する喜びの歌を歌う。

枝を持って行進し、キリストの生と死、そして究極的には復活に関する聖書の言葉を聞くことは、遠い昔に起こったことを思い出させるための遠い過去のことであり、現在との関連性はほとんどない。むしろ、聖週間を通して私たちが祝うことは、神が今私たちと共におられ、私たちのために働いておられること、そしてキリストの復活の力が私たちの人生に日常的かつ現実的な影響を及ぼしていることをはっきりと思い起こさせるものなのです。私たちのうちに、また私たちとともにおられる聖霊の働きが、今も昔も変わることのない恵みの源であることを確信しなければなりません。

2024年のこの聖週間、神の事への熱意、神と隣人への愛への熱意を新たにし、次の日曜日の主の過越の祭り、私たちのキリスト教信仰の中心的な神秘であるキリストの復活を祝うことを熱望することができますように。私たちは、キリストとともによみがえるために、キリストとともに死ぬように召されているのです。そして生涯を通して、神が私たちの歩みを照らし、導いてくださいますように。

Fr ウィル