8・9月号 愛を伝える5つの方法

愛を伝える5つの方法

助任司祭 ガル・ブブン

イエス様は「私があなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」と言われましたが、それを実行するのは難しいですか。

ゲーリー・チャップマン博士は、プロの家族カウンセラーとして30年間働いた後、5つの愛を伝え方があることを発見しました。彼によると誰もが自分の愛を伝えるために、よく使うその人独自の方法があります。家族の中でお互いを愛することが難しくなるのは、おそらく誰もが愛を伝えるために同じ方法を使っていないからだということです。 彼は、ある人の愛の伝え方が 他の人の愛の伝え方と一致しない場合に問題が発生することを発見しました。 しかし、相手がよく使う愛の伝え方を使ってとコミュニケーションをとると、人間関係がうまくいく可能性があります。

以下、チャップマンによる愛を伝える5つの方法を見てみましょう。

1. 肯定する言葉を使うこと

この方法で愛を伝える人々は、愛されていると感じるために、家族が励ましの言葉や、肯定的な言葉を話すのを聞く必要があります。

2. 充実した時間をともに過ごすこと

この方法は、私たちが私たちの家族に細心の注意を払うということです。つまり、すべてを手放して、私たちの注意を完全に相手に向けることを意味します。

3. 贈り物をすること

この方法を好む人は、贈り物の背後にある愛、思いやり、そして送り主の努力を感じることによって満たされます。これらの人々は贈り物によって、愛を受けとります。

4. 手助けすること

手助けすることで愛を伝える人の場合、その人は誰かの助けを愛のしるしとして受け取ります。この愛の伝え方には、例えば、学校へ子どもを迎えに行く、皿を洗う、使い走り、食料品の買い物に行くなど、責任の負担を軽減するために行うすべてのことが含まれています。

5. スキンシップ(触れ合うこと)

チャップマンによれば、私たちの家族の愛の伝え方がスキンシップである場合、彼らは本能的にお互いを抱きしめ、愛を伝えます。抱きしめることは、特に私たちの家族が悲しみの中にいるとき、彼らに慰めと愛情を与えます。

もし聖書の中で、愛を伝える5つの方法を探しているのなら、それを見つけることはできないと思います。しかし、その概念は聖書の中にあります。イエス様の生涯を見ると、愛を伝える5つの方法すべてを使っていたことがわかると思います。イエス様は愛の伝え方5つをすべて使い、そして明らかに彼は、一人ひとりにふさわしい伝え方を適切に選んで使う達人でした。