信仰養成委員会 元山みゆき

3月11日に、四旬節一日黙想会が開催されます。ご指導は、カトリック成城教会主任司祭の山本量太郎神父様です。テーマは「キリストが唱えた祈り―詩編―」です。

山本神父様は、私たちの松原教会とは大変に縁の深い神父様でいらっしゃいます。献堂式のあった約50年前、青春時代をこの場所で過ごされたそうなので、色々な懐かしいエピソードもお話しくださると思います。神父様の「詩編」の祈りは、松原教会の思い出に重なります。若き日の神父様の心に響いた「詩編」の祈りを、今、私たちが時を超えて共に祈れるのは、大きなお恵みだと思います。沢山の方のご参加をお待ちしております。

黙想会はたった一日ですが、その短い時間の中には、日々の生活を深く思いめぐらせ、愛を以て実行するヒントがきっと隠されています。まだ洗礼を受けていらっしゃらない方や、黙想は初めてという方も、安心してご参加ください。係りの者がご案内いたします。どうぞ皆様ご一緒に、神さまへの信仰と愛を深めてまいりましょう。

また、3月11日は決して忘れてはならない東日本大震災の日、沢山の方が亡くなられたご命日であります。亡くなられた方のため、お祈りいたします。今なお多くの方が不便な生活をしていらっしゃいます。原子力発電所の事故がもたらした現実を直視し、忘れないように、自分自身の生活のあり方も見つめなおしたいと思います。キリスト者として苦しみの多い人生を精一杯生き、行いを以て主をあかししていけるよう、この四旬節を、輝かしいご復活のお恵みにあずかる準備としていきたいと思っています。